秋ですね

お久しぶりです、木緒です。
すっかり季節も秋になり、いよいよ『あきくる』の話題に
ふさわしい頃合いとなりました。

というテキストを昨年の秋に書いたまま、
実に一年近くも放置しておりまして……。
気がつけば僕と渡辺さんは別のソフトのシナリオを書いたり
別の仕事をしたりドカコックの装丁をしたり鹿と戯れたり
心ぴょんぴょんしたりしていたのですが、すっかりすみっこの
方とは縁遠くなってしまっておりました。

しかし時間は無情に過ぎて参ります。
なつくるが好評を博し、ありがたくも再びアワードで
賞を頂いてから、すでにかなりの時間が過ぎておりました。
元々、変則的にお話を頂いたすみっこソフトの
お仕事でしたが、当然ながら愛着はあります。
何か作らなければ、という思いは常に抱きつつも、
次に何かを、というのはなかなかに難しいことではありました。

というのも、前二作の高評価により、
今回のハードルは開発前から上がってしまいました。
そんなこと気にしなくても、といくら言われようとも、
どうしても『その次』という肩書きはついて回ります。
元々、渡辺さんの考える何か面白いもの、をゲームとして
作っていくスタイルを続けていたのもあって、
まずコンセプトを決めるところから話は始まりました。

その結果、今回は前二作とは違うところから
コンセプトを作っていこうということになり、
以下のことが決まっていきました。

・エロゲーを作ろう
・恋愛を軸に考えていこう
・そこに渡辺さんの思う面白いものを
・ひらがな7文字タイトルで「あき~」は無しで
・モチーフとして秋の要素は入れよう

だいたいこんな感じだったかと思います。

そしてここから渡辺さんの奮闘が始まります。
前二作は、制約こそあれ渡辺さんの自由な発想から、
作りたい物を作れる環境にありました。
それが今回は、ある程度の制約があった上での
制作となります。当然ながら筆はなかなか乗らず、
一度書いた序盤を渡辺さん自身で総没にしたり、
これ本当にできるのかしらと不安にもなりました。

ところが、まさにこの夏に差し掛かろうというある日、
渡辺さんと電話している最中、「すみっこの、いける」
と前向きな回答がありました。そして、そこから
つらつらと聞いていったアイデアはとても面白く、
前二作とは違った形で魅力的なゲームになりそうな、
そんな予感が十分に得られるものになっていました。

今作はイラストも笹井さんに加えイチリさんも参加し、
その他のスタッフ編成も前二作とは少し変化しています。
ただその変化は、きっとこれまでとはまた違った形での
面白さを届けられるんじゃないかという予感がしており、
今のところは概ね当たっていると思われるところです。

これから年末にかけて色々と情報が出てくるかと
思いますが、また変なことを企んでおりますので
ぜひともご覧頂けますよう、切に願います。
ちなみにまだタイトルは決まっていません。
『あき~』じゃないのは確かですが、
なんか季節っぽいのは入れていくつもりです。

それでは、今後とも何卒宜しくお願い致します。
すみっこ3rdProject、現在制作中です!

木緒なち

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)