なつくもゆるるを作るにあたっての話

つくづく、幸せなことだなと。
いや、今回の『なつくもゆるる』の制作について、
振り返ってみるとそれに尽きるのだなあと思いまして。

今だから話せますが、『なつくもゆるる』は、
開発に入るまでに何度もピンチを迎えた企画でした。

萌えゲーアワードで高評価を得たとは言え、
その売り上げは3000本に満たない数。
しかも、話題として採り上げられることが多い割には、
実数に結びつくことがほとんどありませんでした。

そのようなメーカーの次の企画に、お金をポンと出せるほど、
ユルい会社はそうそうありません。仮にあったとしても、
そんな杜撰な管理をしている会社なら、
そもそも商売としてゲーム作りが成り立たないでしょう。

しかし、どうせやるのだったら、
評価された渡辺さんの世界を活かしながら、
更に面白い物を作りたい。

なので、今回はまず、お金を作ることと、
お金をどうやったら稼げるのか。それを考えました。

原画の笹井さんの特色を活かそう、
色味はこうしよう、服装はこうしよう、
様々なアイデアを出した上で、そこから取捨選択し、
ギリギリで損をしないペイラインをなるべく確実に
クリアできるラインを詰めていきました。
そして、やっと納得出来る構成が出来上がった段階で、
これなら出資出来る、と主要メンバーが納得し、
ようやく『なつくもゆるる』はスタートしたのです。

……とまあ、最近のご時世にふさわしい、
辛気くさいバックストーリーがなつくるにもあったのですが、
それでも、なつくるの制作は比較的楽しいまま、
進んでいった印象がありました。

それは、『ユーザーの方に望まれて作ることができる』という、
一点にあったように思います。

はるくるの発売後、実に長い期間にわたって、
ユーザーの方から根強い応援をして頂きました。
大きく実数に結びつかないとは言え、未だに関連グッズの
抱き枕やビジュアルファンブックが売れているという現象に、
ユーザーさんの愛情を感じないメーカーの人間などいません。
だからこそ、これを次に繋げないとという、
どこか使命感にも似た感情が、スタッフの中に共有されていて、
そこが無形の楽しさ、前向きな感情に至ったのではないかと思います。

実に当然のことながら、ゲームはお金を出して購入した
ユーザーさんの為にあります。
プレイして喜ぶのはユーザーさんの特権であり、
その基本を損なうようではいけないと、僕は考えています。

なので、自然発生的にユーザーさんの支持を得て、
そこから次回作への可能性が広がった今作は、
本当に、あり得ないぐらい幸せなゲームだと思うのです。

お陰様で、新生すみっこソフト第二弾作品、『なつくもゆるる』は、
無事に本日、発売日を迎えることとなりました。

今作の制作、発売にあたり、
制作にご協力頂いたスタッフの皆様、販社ラッセルの皆様、
各ショップのスタッフの皆様、
そして何よりも、応援して下さったユーザーの皆様に、
心からお礼を申し上げます。

『なつくもゆるる』は、楽しく、とても面白いゲームです。
ぜひ、ユーザーの皆様に、存分に味わってほしいと思います。

ありがとうございました。
そしてまた、次の季節でもお会いできることを、
心から願っております。

『なつくもゆるる』
企画・ディレクション・プロデュース
木緒なち

秋があるなら

やー、渡辺ファッキン僚一だよ。
無事にマスターアップしたし、予約もガンガン入ってるはず!

「秋はどうなりますかね? 
 シナリオ入っていいなら早めに入っておきたいんですけど」

とスタッフのみんなに聞くと、
一様に虚ろな目で遠くを見つめて、

「まぁ、その話は結果が出てからでいいじゃないですか?」

と言うくらいには、予約が入ってるみたいです。
きっとスゲー数が入ってるから、
みんなついつい虚空を見つめちゃうんだね。

うああああぁぁぁぁぁ! ドラァァァァァァァ!
んなこたぁ、どうでもいいんだよ、ボケが!
大切なのはみんなが必死で、いい作品を作ったってことだろうが!
笹井さんもがんばった! 塗りスタッフもがんばった!
スクリプトスタッフもがんばった! 僕もがんばった!
がんばったから、なんだよって、クールな意見があるかもしんねー。
努力と、作品の良し悪しは関係ねー、とか言う人もいるだろ。
だけどよぉ、僕達は努ファッキン力せずにいい作品を作れるような天才じゃねーんだ!
仮に天才だとしたって努力していい作品を目指すのは当然だろ、オラ! くそったれが!

……さて、僕はシナリオ担当なのでシナリオについて書きます。
『はるまで、くるる。』の時はシナリオを書き終えた時に膝がガクガクになったのだが
『なつくもゆるる』はシナリオの終盤で号泣しながら書いてました。
泣くようなシーンか? と思わんでもないのだが、出てくる涙をとめることができねー。
もうキャラに感情移入しまくりだからしょうがないッ!
よかったな! そうなってよかったな! とキャラに必死に話しかけてましたよ。

そうそう、何度か書いてるけど僕は憑依タイプのライターです。
キャラが自分から離れていって僕の姿を微塵も投影しなくなった状態のキャラが好きです。
『はるくる』の静夏なんかはそうですね。
アレは考え方も行動も、みんな静夏が勝手にやってました。
僕が書いたとは思えません。静夏がやったことです。
『なつくもゆるる』のキャラも離れてくれたと思います。
だからそういう意味ではみんな好きなキャラです。
とにかく僕から離れて欲しいので、キャラと会話をします。そうした方が離れていくので……。
序盤の頃とかうまく離れて行かないので、姫佳と一緒に散歩したり、
ユウリと一緒に図書館行ったり、
りねと一緒に定食屋に行って「漬物は白菜派? ナス派?」と聞いたり、
紫穂と一緒に鶴巻温泉(入浴料金800円)に行ったりしたものです。

まぁ、そうやって僕から離れていったキャラ達です。僕は気に入っています。
みなさんにもファッキン好きになってもらえたら嬉しいなぁ、と思います。

微妙な感じですが、秋があるなら次は、
命かけてサディストをやってる女の子を出したいです。
そんな女の子をぼんやりと考えてます。
形になればいいな。

うしろめたい少女体験版とか営業さんに同行とか

『広報としてもっとしゃべること簡潔にまとめていこうよ?』
そんなことを頑宣chを見たスタッフに言われました。
こんにちわなのです、すみっこソフト○やまです。

マスターアップしましたが、広報的には発売日まで頑張らないと……。
ということで今回は応援イラストさより様に頂きました!
ありがとうございました!
そしてあわせて、『うしろめたい少女』の体験版を配布させて
頂いております!
是非、ホームページを見て頂ければ!!

すみっこソフトtopページ:(http://www.sumikko-soft.com/)

あと、本日より発売日まで毎日カウントダウンボイスのほうを
更新させて頂きます。
基本的には昼間の12-3時辺りに差し替えをしていく予定です。
聞き逃さないよう、よろしくお願いいたしますm(__)m

飯日記営業同行してきました。
先週今週と開発の合間を縫って開発はスタッフに任せて、
流通様の後ろについて、美味しいごはんを食べに行く
営業同行というのをしておりました。

写真を交えつつ、ご紹介したかったのですが、blog容量の問題で
全部をアップできなかったので…orz
その中の本当にいくつかを。

シーガル十日町
山形 シーガル十日町店様
表にでかでかと貼って頂いておりました。

ソフマップ川越
埼玉 ソフマップ川越店様
売り場のところにばっちり貼って頂いておりました!

メロンブックス大宮
埼玉 メロンブックス大宮店様
売り場の目立つところに貼って頂いておりました。

アニブロゲーマーズ池袋
東京 アニブロゲーマーズ池袋様
コーナー作って頂いておりました!

ブックメイト津山
岡山 ブックメイト津山店様
正面玄関にばーんと!貼って頂いておりました。

自分が今回行ったのは岡山、町田、横浜、池袋、新宿、川越、大宮
そして仙台、山形なのですが、どこでも店舗の方にはよくして頂きました。
お忙しい中、相手をして頂き本当にありがとうございました。
この場を借りまして、お礼致します。
……この方々の熱意に、そしてその熱意を感じて買っていくユーザー様に
支えられているなぁ、と改めて実感致しました。

今週末が6月末発売ソフトの最後の予約追い込みとなります(製造の問題です)
是非、店舗様に足を運んで頂き、店舗様が熱意を持って、様々な形で展開されている
ディスプレイを見て頂き、気になるソフトがありましたら、予約して頂けると幸いです。
……『なつくもゆるる』がそんな中から選ばれれば嬉しいです!

一応現時点では……次回作を作るかどうかの瀬戸際のラインかなー、とは思ってます。
何卒よろしくお願いいたしますm(__)m
※あ、『はるくる』の時よりは……その……まあ上です(´・ω・`)
ありがとうございます!

以上となります。
皆様良い週末を!
すみっこソフト○やまでしたm(__)m

『なつくもゆるる』マスターアップしました!(木緒)

木緒です、お疲れ様ですー。
『なつくもゆるる』、先ほどマスターアップいたしました!
前作とは違って、今回は最初からの企画及び進行ということで
色々と大変な部分もございましたが、
この日を迎えることができましたことでホッとしております。
内外のスタッフの方々に感謝しきりです。

あとは、工場への発送とチェックと、各種手続きなどを経て、
それこそ予測もできないようなことでも起きない限りは、
6月28日、確実に発売されます!!
……つくづく、ゆず生で宣言したことが嘘にならずによかったと
思うのと同時に、なにより、ユーザーの皆さんの期待を
裏切らずに済んでよかったです。

予約がまだの方は、最後のスパートになりますので、
ぜひぜひ、今週辺りにでもよろしくお願いします!

◆げっちゅブログさん

原画担当の笹井さんが連載をしている、げっちゅ屋さんのブログ
『げっちゅブログ』で、なつくるのコラボ企画を行いました。

ブログはこちらです

姫佳の制服姿など、本編では見ることのできないカットが
掲載されておりますので、ぜひご覧になってくださいませ!

小冊子配布会いって見てきたぜええええええ

ん~~~~~~~。
ミスターーーーッ、マスターアーーーーップッ!
イエ~~~~~~~! ファッキンハピネス!
と言う予定だったんですが、
いろいろあって、発表は来週に持ち越しだぜ!
久しぶり! 渡辺ファッキン僚一だよ。
まぁ、延期だけは事務所爆破崩壊レベルの
ことがなければないと思うので、安心して予約してくれよな!

さて、すみっこソフトは秋葉原の近くッ!
というわけでソフマップAM館とソフマップ1号店で行われている、
『なつくもゆるる』&『天色*アイルノーツ』の
小冊子合同配布イベントの様子を
○やまさんと一緒に見て来たんだぜ、オラ!

おおおおおおおっ!
おおおおおおおっ!
スゲー人が配布を前に並んどる!
僕は黙々と密室で原稿を書き、
発売日も店舗へ様子を見に行ったりしない。
(売れてなかったら怖いなーと思うので現実から逃げるタイプ)
だから、もう並んでいる人々を見るだけで、
激しい勃起を禁じえない! 射精間際!
この人々が全員『なつくもゆるる』の小冊子をもらいに……。
まぁ、冷静に考えれば、
8~9割りは『天色*アイルノーツ』の小冊子を
もらいに来たのだろうが、冷静な思考が常に正しいとは限らないッ!
全員が『なつくもゆるる』と考える歪んだ思考こそが今は正義ッ!

「僕が『なつくもゆるる』のライターだッ!」
と行列の人々に向かって叫んだ瞬間、
一瞬のどよめきと同時に起こるファッキンコール!
そう! それはまるで、
田○潔司vsヘン○・グレ○ジー。
田○の入場時にUのテーマーが流れた時の田○コール!
アキバが今、武道館と化したッ!
これは事実であるッ!

……というわけで、関係者の後ろの方で、
なんのお手伝いもせずに、ぼ~~っと配布の様子を見てました。
どんどんなくなっていく小冊子。
凄まじいスピードで進んでいく行列。
もらっていく人々の顔を僕はしっかりと記憶した!
8~9割りは『天色*アイルノーツ』が目当てだとしても、
僕の脳内では全員『なつくもゆるる』目当てだ!
みんなの熱い想いは受け取った!
最高に素晴らしいゲームにしてみせるから、
期ファッキン待して待っていてくれよな!